学校給食

将来を担う子供達のために、学校給食から健全な食文化の育成に貢献していきます。

食育

日本人のライフスタイルの変化により、昔から親しまれていた食文化が失われつつあります。改めて日本の食糧自給率を考え、食育の発展につなげます。

TOP > 社団概要

名称 一般社団法人 超人シェフ倶楽部 THE SUPER CHEF CLUB
設立 2009年7月17日
設立発起人 中嶋 貞治(超人シェフ倶楽部会長) / 片岡 護(超人シェフ倶楽部副会長)
住所・電話 東京都新宿区新宿3-35-5-4F  代表 03-6273-0466
設立目的 日本の食材や日本の食文化に対してこだわりのある日本の料理人、
シェフを組織化し、シェフ達ならではの力で、
美味しい日本の食材や食文化、食産業に貢献をする。
活動目的 日本中のシェフたちの力を結束し、
“日本のシェフの力”で日本の食文化を元気にする!
活動方針 ・“美味しい日本の食”を目指して活動する自治体や企業、個人を支援、応援する。
・“美味しい日本の食”を発見し、日本そして世界に発信し、日本の食文化に貢献する。
・安全で美味しい“Made In Japan”の食の普及に貢献する。
(食糧自給率アップへの協力)
・食育活動の推進により、現在及び将来にわたる健康で文化的な国民の生活と、
豊かで活力ある社会の実現に寄与する。
登録シェフ・料理人

34名<2015年6月現在> (シェフ一覧

URL http://www.chojin.or.jp/
社団定款 一般社団法人超人シェフクラブ定款PDFダウンロード
社団貸借対照表
社団損益計算書
2016年3月31日現在 PDFダウンロード